北杜市 オオムラサキセンター 公式サイト | 国蝶オオムラサキの生息地北杜市長坂町にある展示施設

自然情報 nature_info

  • DSC_0712

    寒い!

    2021年1月9日

    最近は寒い日が続きますね! 自然公園の水車もバキバキに凍ってしまいます(゚Д゚;)

  • FB_IMG_1607227160349

    ヘビの抜け殻?

    2020年12月6日

    紅葉も散って寂しいなぁと思いつつ自然公園を歩いていましたら、 木に何かが垂れ下がっているのをみつけました。    「ヘビのか・・・わ・・・?」    と思って近づいてみると、見えた!ハニカム構造! と … 続きを読む

  • FB_IMG_1607227183007

    クモヘリカメムシ

    2020年12月6日

    夏に比べると、冬は昆虫の季節というイメージが湧かないらしく、 どこの施設に行っても集客に苦慮しているという話を聞きます。    オオムラサキセンターもこの時期はお客さんの数が少なくなりますが、 ひとが少ない冬だ … 続きを読む

  • FB_IMG_1605918319906

    紅葉終盤

    2020年11月21日

    自然公園の紅葉のシーズンも終盤です。 木の根元にあったテーブルに赤く色づいた落ち葉が積もっていました。 名残惜しさも感じますが、これはこれで、風情があってよいものですね。

  • FB_IMG_1604014872866

    ミズカマキリ

    2020年10月30日

    トンボ池でミズカマキリの捕食を目の当たりにしました。 針のような口を獲物に刺し、消化液を流し込んで溶けた肉を吸い取ります。 たべていたのは何かな?と見てみたら、なんとゾウムシでした! おもにメダカのような体の柔らかい生き … 続きを読む

  • FB_IMG_1603847681572

    ミズカマキリ

    2020年10月28日

    トンボ池の水のなかをミズカマキリがフワフワと泳いでいました♪

  • FB_IMG_1603847632260

    トビケラの仲間の卵塊

    2020年10月28日

    学が浅く、種類まではわかりませんが、トビケラの仲間の卵塊です。 幼虫は水生ですが、卵塊は水面から突き出た草木の葉に産み付けられます。   ゼリー状の塊のなかに、数十個の卵が入っていますが、すでに生まれて 幼虫になっている … 続きを読む

  • 121004856_3297653930319922_6572805298016826630_o[1]

    オンブバッタ

    2020年10月9日

    オンブバッタ   雌雄で体格差があり、写真では大きなメスの背中に小さなオスがのって 交尾をしています。 このオンブしてる姿がよくみられることが、名前の由来であります。     交尾の際におんぶするのは … 続きを読む

  • 121016574_3294366187315363_24150108036814736_o[1]

    ツマグロヒョウモン

    2020年10月9日

    自然公園で虫を探していると、ツマグロヒョウモンのオスが とんできてくれました。   サービス精神(?)旺盛で、目の前で旧蜜してくれたので、 しばらく写真を撮らせてもらいました。 とても美しいヒョウ柄の羽根でございますね! … 続きを読む

  • 120793184_3291606434258005_6562807230619921810_o[1]

    ツブゲンゴロウ

    2020年10月9日

    ツブゲンゴロウです。 水田や池の浅瀬などに生息しています。     体長4.0~4.9mmくらいの小さな種類ですが 肉眼でも充分確認できる美しい縞模様があります。 ゲンゴロウの仲間には、ほかにも顕微鏡で見ないと … 続きを読む