北杜市 オオムラサキセンター 公式サイト | 国蝶オオムラサキの生息地北杜市長坂町にある展示施設

自然情報 nature_info

  • ヤスデ

    ヤスデ

    2019年1月25日

    ムカデにそっくりなヤスデ! よく似ていますが、違いがいろいろあります。 たとえば、ムカデは一つの体節から一本の歩肢が生えていますが、 ヤスデは一つの体節から二本の歩肢が生えています。下から見ると分かりやすいですね♪ &n … 続きを読む

  • ヒメシマチビゲンゴロウ

    ヒメシマチビゲンゴロウ

    2019年1月24日

    最近、市内の川を探検しています。 先日は指先に乗るくらい小さなゲンゴロウを見つけました。 ヒメシマチビゲンゴロウです。 ゲンゴロウの多くは池や沼、水田に棲みますが、 河川の淀みや細流に生息する流水性の種も、実はたくさんい … 続きを読む

  • ミズカマキリ

    ヒメミズカマキリ

    2019年1月24日

    撮影したのは1週間くらい前。 「ヒメ」という名前が示すとおり、ふつうのミズカマキリよりも一回り小さく、 可愛らしい種類です。   水生植物が多い池や沼に棲んでいます。 ふつうのミズカマキリが池沼、水田、小川、あ … 続きを読む

  • アオズムカデ

    アオズムカデ

    2019年1月16日

    材割りで採集したアオズムカデ。   体長は70~80㎜。  暗緑色の体に黄色の歩肢で、触角や歩肢の先が青いのが特徴的です。 色には個体差があり、黄色が強い個体や赤色の個体もいます。      今の時季は越冬して … 続きを読む

  • ヤマトリカブト

    ヤマトリカブト

    2019年1月9日

    秋に咲いていたヤマトリカブトの実の殻がラッパのようで面白いです。 花の時季を過ぎると綺麗なまたは危険な草花の場所はわからなくなることが多いです。 草花の季節によって異なる表情を覚えておくと冬の自然散策が楽しくなります!

  • ダイコクコガネ

    ダイコクコガネ

    2019年1月5日

    皆様、あけましておめでとうございます。 北杜市オオムラサキセンターは、本日より開館となります。   新年ということで、おめでたい名前をもつ虫「ダイコクコガネ」を紹介します。 オスが立派なツノをもつコガネムシの仲 … 続きを読む

  • オツネントンボ

    ◇年越蕎麦?いいえ、年越トンボです。

    2018年12月29日

    スタッフが帰宅後にベランダに干していた洗濯物を 取り込んでいたところ、Tシャツの襟の部分に オツネントンボが止まっていることに気づきました。 オツネントンボ(越年蜻蛉)は、その名が示すとおり、 成虫で越冬するトンボです。 … 続きを読む

  • イッスンムカデ

    イッスンムカデ

    2018年12月22日

    腐葉土の中にイシムカデの仲間、イッスンムカデがいました。   体長は20~30㎜で、成体は15対の脚があります。 私たちが一般的にイメージするオオムカデと比べると、 小さくて寸詰まりな身体つきをしていますね。   とても … 続きを読む

  • エグリトビケラ

    エグリトビケラの幼虫

    2018年12月22日

    自然公園の池では、今年もエグリトビケラの幼虫が観察できます。 水中の落ち葉を丸く切り取り、重ね合わせて巣を作ります。 池のなかをじーっと見て、『葉っぱがパンチングされとるー!』とか 『落ち葉が動いとるー!!』っておもった … 続きを読む

  • 虫こぶ

    もじゃもじゃ

    2018年12月18日

    クヌギの葉が落ちると、枝先にもじゃもじゃとした姿が 特徴的なクヌギエダイガフシができているのが目立ちます。 これは虫こぶ(虫癭ちゅうえい)といって、植物に小さなハチ. ハエ.アブラムシなどの寄生により植物体が異常に肥大成 … 続きを読む