北杜市 オオムラサキセンター 公式サイト | 国蝶オオムラサキの生息地北杜市長坂町にある展示施設

自然情報 nature_info

  • 20170203of - ラクダムシ

    ご存知ですか…?

    2017年2月3日

    ケヤキの樹皮をめくると、見慣れない虫の幼虫がうごめいていました!   この虫の名前をご存知の方は、相当な虫好きと思います。 その正体は、ラクダムシ。 アミメカゲロウ目の一種で、ヘビトンボやアリジゴクに近い仲間で … 続きを読む

  • 20170125af - イシノミ (2)

    チラリ…

    2017年2月2日

    とある森で、立ち枯れている木の樹皮を観察していると… めくれた樹皮の下から、チラリと覗く3本の毛が… この鱗粉をまとった輝く毛は…! 陽に当たるとキラキラと美しい反射をしてくれる「イシノミ」でした。 その近くの樹皮を少し … 続きを読む

  • 20170128 - クヌギカメムシ(卵) (2)

    思わぬところに…

    2017年1月28日

    このページでも、何回かご紹介しているクヌギカメムシの卵。 名前の通りクヌギの汁を吸うこのカメムシの卵は、 (まるで母親がお弁当を持たせるように…) 母虫によって、栄養のあるゼリー状の物質と共に、 クヌギの木の大きな溝に産 … 続きを読む

  • 20170126tf - ヒメタイコウチ

    ちょっとおかしなヒメ

    2017年1月26日

    皆さんはヒメタイコウチという昆虫を知っていますか? 言わずと知れた水生昆虫タイコウチの仲間なのですが、 おしりの呼吸管はタイコウチに比べてとても短く、 また、後ろ翅が退化していて飛べません。   さらに可笑しな … 続きを読む

  • 20170125of - センダングサ

    くっつくヒミツ

    2017年1月25日

    自然公園内の道端に、センダングサの仲間が生えていました。 今の時期に野山を歩くと、よく服に種子が付いてしまいます。 「くっつき虫」の愛称で親しまれ(憎まれ?)ていますね。 なぜセンダングサの種子は、服に付くのでしょうか? … 続きを読む

  • 20170109af - ミノガ

    ゆらゆら…の謎。

    2017年1月20日

    一年の内、今だけ見られる…というわけではありませんが、 木の枝に葉のない今のだらかこそ、見つけやすい虫たちもいます。   葉がない枝でゆらゆらと揺れていたのはミノムシでした。 自然公園内は、チャミノガやシバミノ … 続きを読む

  • 20170119tf - コルリクワガタ01

    クワガタ…?

    2017年1月19日

    クワガタムシというと、皆さんはどのような虫を思い浮かべますか? オオクワガタやノコギリクワガタのような、 立派なハサミをもつカッコいい虫をイメージするのではないでしょうか。 今回ご紹介するコルリクワガタは、みなさんが想像 … 続きを読む

  • 20170119hf - 台場クヌギ01

    難題

    2017年1月18日

    オオムラサキセンターでは、今期も材割り採集のイベントをおこないました。 材割りとは、朽ち木を削り中の昆虫を採集する昆虫観察・採集の一種です。 イベントでは、センターで管理している雑木林の朽ち木を使用しましたが、 野外でお … 続きを読む

  • 20170117of - コマダラウスバカゲロウ

    名人

    2017年1月17日

    今朝の山梨日日新聞で、コマダラウスバカゲロウの幼虫についてコラムを書かせていただきました。   このページでも度々紹介している昆虫です。 岩に張り付き、周囲に生えている地衣類を身にまとった、擬態の名人です。 幼 … 続きを読む

  • 20170115tf - メダカ池

    たくましい…!

    2017年1月15日

    今日のセンター周辺は、気温がマイナス8度を下回るほどの寒さでした。 自然公園内の池は、水面の殆どが凍結しています。 氷の張っていない場所に網を入れてみると、 越冬中のクロスジギンヤンマの幼虫に会うことができました。 類似 … 続きを読む