北杜市 オオムラサキセンター 公式サイト | 国蝶オオムラサキの生息地北杜市長坂町にある展示施設

自然情報 nature_info

  • 20170108tf - コカブト

    冬でも、落ち葉の中には…

    2017年1月8日

    畑に撒く堆肥(たいひ)をつくるために落ち葉を溜めておく「落ち葉プール」。 昨日は落ち葉プールの中身を入れ替える作業を行いました。   作業中には、ミミズやムカデ、カブトムシやハナムグリの幼虫など、様々な生き物を … 続きを読む

  • 20170106of - タマバチ01

    タマバチ

    2017年1月6日

    昨年末に、翅が退化したクモガタガガンボを掲載しました。 今回は、このガガンボと同様に、冬に活動する翅の無い「タマバチの仲間」をご紹介します。 写真を見ていただくと、コナラの冬芽にアリのような昆虫がしがみついているのが分か … 続きを読む

  • 20170103ft - 食用ゲンゴロウ

    食用にも…!

    2017年1月3日

    昨年開催したオオムラサキセンターの新規イベントの中でも、 最もインパクトの大きかった企画は、やはり「昆虫食」だったのではないでしょうか。   現在の日本において昆虫食は一般的ではないので、抵抗のある方も多いと思 … 続きを読む

  • 20170102fo - ミヤマニジュウシトリバガ

    とりに由来

    2017年1月2日

    改めまして、新年あけましておめでとうございます。 本年も宜しくお願い致します m(_ _)m (お気づきの方も多いと思いますが、 このページ情報は、複数のスタッフが持ち回りで更新しています)   今年の干支は、 … 続きを読む

  • 20161225of - ケカビ

    ビーズのように美しいのは…

    2016年12月25日

    石や丸太を引っくり返して、越冬中の昆虫を探していると、 ネズミのウンチが落ちていました。 よく見ると、ウンチから白いキノコのようなものが ニョキニョキと生えています。 拡大すると、ビーズのように美しい胞子嚢が柄の先端に付 … 続きを読む

  • 20161223tf - カマドウマ

    遭遇…!

    2016年12月23日

    今日は、朝の開館作業中に、変わった形の生き物と遭遇しました。 カマドウマ科の仲間です。 薄暗く、ジメジメした場所に多く生息しており、 クワガタが潜む樹のウロをのぞき込むと高確率で遭遇します。 筆者の苦手な虫の一つです。。 … 続きを読む

  • 20161221fo - ジグモ

    トンネル生活

    2016年12月21日

    樹や丸太の根元を見ると、 写真のように棒状の物体が地面からニョキニョキと生えていることがあります。 実は、これはジグモという種類の蜘蛛の巣です。 蜘蛛の巣は、地下へと続き、トンネル状の巣を利用して地上と地下を行き来します … 続きを読む

  • 20161210 - シロアリ (6)

    分担の果てに

    2016年12月20日

    森の朽木では様々な虫を見かけますが、 そのうちの1つに「ヤマトシロアリ」がいます。    シロアリは、その集団が維持するために必要な役割を分担して行う 「分業」をしている「社会性昆虫」です。 その中でも、繁殖を … 続きを読む

  • 20161213 - 落ち葉 (2)

    縁の下の力持ち

    2016年12月13日

    クリスマスムードの北杜市オオムラサキセンター館内…その周りの自然公園では、 たっくさんの落ち葉が地面に積もる時期となりました♪ そんな落ち葉を分解してくれる連鎖の中で大切な生き物の1種に「トビムシ」がいます。 &nbsp … 続きを読む

  • 20161210af - ヨコズナサシガメ(幼体脱皮殻)

    幹で

    2016年12月10日

    木の幹で、脱皮殻を発見! と、思ったら、本体も発見! ヨコズナサシガメでした。   キレイな脱皮殻…ということは、最近脱皮したのでしょうか。 しかし、彼らはまだ幼体です。 これから厳しい冬を越えた後、さらに脱皮 … 続きを読む