北杜市 オオムラサキセンター 公式サイト | 国蝶オオムラサキの生息地北杜市長坂町にある展示施設

自然情報 nature_info

  • 20170214af - ウロコアリ (2)

    ハート…?

    2017年2月14日

    本日はバレンタインデー!当施設では、「ハート♡」マークをもつカメムシを探すイベントを行っていました。 他にも♡マークの模様を持つ虫もいますが、 本日はハート♡のような形を持つ虫をご紹介! 写真に写りますのは、ウロコアリの … 続きを読む

  • 20170208af - ヨツボシテントウダマシ(2)

    冬でも、両手に花?

    2017年2月11日

    今年も、自然公園内で越冬してくれていました! 陽にあたると、鮮やかな色がまぶしい「ヨツボシテントウダマシ」です。 朽木の下で、並ぶように数頭集まって過ごしていました。 少し見えづらいですが、並ぶ3頭を見てみると、 胸の背 … 続きを読む

  • 20170209tf - マイマイカブリ

    誇らしい出会い

    2017年2月9日

    現在、オオムラサキセンターでは、来年度末に販売する薪の生産作業(薪割り)を行っています。   薪割りの作業自体も面白いのですが、 材の中で越冬している昆虫に出会えることも、この作業の楽しみの一つです。 先日はオ … 続きを読む

  • 20170205tf - ミズムシ01

    ややこしいムシ

    2017年2月5日

    今日も何か珍しい生き物はいないものかと、自然公園のトンボ池にやってきました。   ふと目についたポイントは池に注ぐ湧き水の通り道。 網ですくうと、たくさんの小さな虫がネットインしました。 ミズムシの仲間です。 … 続きを読む

  • 20170204hf - コクワガタ(幼虫)

    飼育の ”あるある”

    2017年2月4日

    薪割り作業中に、クワガタムシの幼虫が3頭出てきました。 薪割りで?!と筆者もビックリしましたが、どうやら本当のようです。 おそらく、コクワガタではないかと思われます。 本来であれば食べた朽ち木が黄色く透けて見えますが、 … 続きを読む

  • 20170203of - ラクダムシ

    ご存知ですか…?

    2017年2月3日

    ケヤキの樹皮をめくると、見慣れない虫の幼虫がうごめいていました!   この虫の名前をご存知の方は、相当な虫好きと思います。 その正体は、ラクダムシ。 アミメカゲロウ目の一種で、ヘビトンボやアリジゴクに近い仲間で … 続きを読む

  • 20170125af - イシノミ (2)

    チラリ…

    2017年2月2日

    とある森で、立ち枯れている木の樹皮を観察していると… めくれた樹皮の下から、チラリと覗く3本の毛が… この鱗粉をまとった輝く毛は…! 陽に当たるとキラキラと美しい反射をしてくれる「イシノミ」でした。 その近くの樹皮を少し … 続きを読む

  • 20170128 - クヌギカメムシ(卵) (2)

    思わぬところに…

    2017年1月28日

    このページでも、何回かご紹介しているクヌギカメムシの卵。 名前の通りクヌギの汁を吸うこのカメムシの卵は、 (まるで母親がお弁当を持たせるように…) 母虫によって、栄養のあるゼリー状の物質と共に、 クヌギの木の大きな溝に産 … 続きを読む

  • 20170126tf - ヒメタイコウチ

    ちょっとおかしなヒメ

    2017年1月26日

    皆さんはヒメタイコウチという昆虫を知っていますか? 言わずと知れた水生昆虫タイコウチの仲間なのですが、 おしりの呼吸管はタイコウチに比べてとても短く、 また、後ろ翅が退化していて飛べません。   さらに可笑しな … 続きを読む

  • 20170125of - センダングサ

    くっつくヒミツ

    2017年1月25日

    自然公園内の道端に、センダングサの仲間が生えていました。 今の時期に野山を歩くと、よく服に種子が付いてしまいます。 「くっつき虫」の愛称で親しまれ(憎まれ?)ていますね。 なぜセンダングサの種子は、服に付くのでしょうか? … 続きを読む