北杜市 オオムラサキセンター 公式サイト | 国蝶オオムラサキの生息地北杜市長坂町にある展示施設

オオムラサキ通信oomurasaki report

  • 存在感

    2022年8月26日 -

    樹液には実に様々な虫が集まります。 オオムラサキやカブトムシなどは存在感がありますので、 たとえ一匹でも樹液にいれば目立ちます。 しかし、写真のアシナガヤセバエの仲間などは たくさんいる虫なのに気にもされません。 サシガ … 続きを読む

  • 幼虫のシーズンへ

    2022年8月23日 -

    生態観察施設ではオオムラサキの幼虫が目立つようになりました。 蝶はだいぶ少なくはなりましたが、まだメスが観察できます。 8月の上旬には姿を消すと思っていましたので、よく頑張ってくれたなぁと思います。

  • 美種

    2022年8月20日 -

    長野県でみつけたキンスジコガネ。 針葉樹の葉っぱを食べるコガネムシの仲間です。 個人的には、日本のコガネムシのなかで1番美しい種類だと思います。 しかし残念ながら、発見時には命尽きておりました。 成虫のシーズンは8月くら … 続きを読む

  • 宝石

    2022年8月15日 -

    アオカナブンです。 アオという名前ですが、この子の色彩はそんなに単純なものではありません。 見る角度や光の当たり方で、その輝き方が変化します。 まるで宝石のようですね。 色彩には変異があり、多いのは緑色ですが、橙色っぽい … 続きを読む

  • 意外な出会い

    2022年8月15日 -

    先日、雨天の樹液酒場にカナブンと…サワガニがいました。 雨の日の雑木林にも、よい出会いが転がっているものです。

  • ムクゲコノハ

    2022年8月15日 -

    樹液に蛾の一種 ムクゲコノハがいました。 幼虫はクヌギやオニグルミなど広葉樹の葉を食べて育ち、 成虫は雑木林の樹液に飛来します。 前ばねは地味ですが、ときおり見せる後ろばねには例えがたい美しさがあります。

  • 野外のオオムラサキ

    2022年7月21日 -

    野外ではまだ美しい翅を持つオスが観察出来ます。 自然公園内の観察樹の樹液にはメスも集まって来ているので、 野外では今が見頃ではないかと思います。

  • 次世代へ

    2022年7月19日 -

    生態観察施設びばりうむ長坂内では、 オスが少なくなりメスが目立っている状態です。 また、エノキにの葉には卵と孵化したばかりの1齢幼虫も確認出来ました。 着実に次世代へバトンタッチしていますね♪ 尚、施設外の自然公園内では … 続きを読む

  • 樹液に集まる姿も!

    2022年7月12日 -

    生態観察施設びばりうむ長坂内では、メス個体も多くなってきています。 オスよりも一回り大きな姿は迫力満点! びばりうむ長坂内でも樹液が出始めたので、クヌギに集まる自然な姿も見られます。 観察をご検討されている方はぜひご来館 … 続きを読む

  • 高校生へ

    2022年7月3日 -

    先日、韮崎高校の学生さんに、オオムラサキの生態や、里山について講義していました。 施設柄、高校生と話す機会が少なく、なんだか新鮮な気持ちでした。 話の一部分でも心に響いてくれれば良いなと思います。