北杜市 オオムラサキセンター 公式サイト | 国蝶オオムラサキの生息地北杜市長坂町にある展示施設

自然情報 nature_info

  • 52165002_2026174594134535_733565051058782208_o[1]

    フユシャク

    2019年2月19日

    自然公園でフユエダシャクの仲間のメスを見つけました。 シャクガ科の蛾の仲間で、その名が示す通り、冬になると活動を始めます。 メスは羽が著しく退化しているのが特徴です。 一見するとイモムシに近いかたちをしていますが、よくみ … 続きを読む

    new

  • 51882885_2022659887819339_1442094458576306176_n[1]

    春を待つ…

    2019年2月16日

    大きな冬芽がついていると思ったら、ハラビロカマキリの卵でした。 比較的丸いオオカマキリの卵よりも細長いのが特徴 生まれてくるのが待ち遠しいです!(^-^)!

  • 52181524_2020452808040047_5040840177140891648_n[1]

    チョコの香り?

    2019年2月16日

    この時期、スギの樹皮をめくると越冬するカメムシが観察できます。   写真はエサキモンキツノカメムシです。 背中のハートマークが特徴的な、バレンタインデーにピッタリなカメムシです。 これでチョコレートの香りがすれ … 続きを読む

  • 51283554_2011755322243129_5980660978071633920_n[1]

    2019年2月10日

    川沿いの木に落ち葉の塊がくっついていたので、 なにかとみてみると、クスサンの繭でした。 蛾の繭といえば、フワフワした糸が球状にあつまったものをイメージする方も 多いと思いますが、このクスサンの繭は、網目みたいにアミアミし … 続きを読む

  • 51436161_2010131442405517_6877461578384408576_n[1]

    脱皮殻

    2019年2月10日

    もったいないなぁと思い、捨てずに保管していたタガメの脱皮殻。 脱皮殻をよく見ると、抜け出した穴から白い糸のようなものが ひょろひょろ―っと出ているのがわかりますか。 同じようなものは、セミやトンボの脱皮殻でも観察できます … 続きを読む

  • 51177612_2008392505912744_8631921904522887168_n[1]

    オスとメスの見分け方

    2019年2月10日

    先日、お客様からミズカマキリのオスとメスの見分け方を尋ねられ   「あれれ?どっちだっけ」   となってしまいましたので、私自身のおさらいの意味も込めて ミズカマキリの雌雄の見分け方をご紹介します。 … 続きを読む

  • 51486385_2001340083284653_2742785562837516288_n[1]

    アカハバビロオオキノコムシ

    2019年1月31日

    自然公園の倒木の下には、越冬中の虫が隠れていることがあります。 アカハバビロオオキノコムシでしょうか。ルビーのような鮮やかな紅色が目をひきます。

  • 50815260_1996300897121905_6444471391105318912_n[1]

    ミズカマキリ

    2019年1月29日

    ここ2日間は一番の冷え込みで、自然公園の池も水面が凍結してしまいました。   冬は多くの虫が越冬しているので、池の中が寂しい季節なのですが、この時期でも ミズカマキリやマツモムシといった水生カメムシの仲間は比較 … 続きを読む

  • 50717551_1994496323969029_8215093717833351168_n[1]

    冬の昆虫観察へ

    2019年1月29日

    この時期、樹木の葉が落ちて緑がなくなると目立つウスタビガの繭   オオムラサキ自然公園内でもいくつか観察できます。 高い位置にあったり、枝がせり出したところでよく見かけます。 繭と枝がしっかりくっついているので … 続きを読む

  • RIMG0345

    ヤスデ

    2019年1月25日

    ムカデにそっくりなヤスデ! よく似ていますが、違いがいろいろあります。 たとえば、ムカデは一つの体節から一本の歩肢が生えていますが、 ヤスデは一つの体節から二本の歩肢が生えています。下から見ると分かりやすいですね♪ &n … 続きを読む