北杜市 オオムラサキセンター 公式サイト | 国蝶オオムラサキの生息地北杜市長坂町にある展示施設

自然情報 nature_info

  • 121004856_3297653930319922_6572805298016826630_o[1]

    オンブバッタ

    2020年10月9日

    オンブバッタ   雌雄で体格差があり、写真では大きなメスの背中に小さなオスがのって 交尾をしています。 このオンブしてる姿がよくみられることが、名前の由来であります。     交尾の際におんぶするのは … 続きを読む

  • 121016574_3294366187315363_24150108036814736_o[1]

    ツマグロヒョウモン

    2020年10月9日

    自然公園で虫を探していると、ツマグロヒョウモンのオスが とんできてくれました。   サービス精神(?)旺盛で、目の前で旧蜜してくれたので、 しばらく写真を撮らせてもらいました。 とても美しいヒョウ柄の羽根でございますね! … 続きを読む

  • 120793184_3291606434258005_6562807230619921810_o[1]

    ツブゲンゴロウ

    2020年10月9日

    ツブゲンゴロウです。 水田や池の浅瀬などに生息しています。     体長4.0~4.9mmくらいの小さな種類ですが 肉眼でも充分確認できる美しい縞模様があります。 ゲンゴロウの仲間には、ほかにも顕微鏡で見ないと … 続きを読む

  • 120132197_3257640804321235_7635249950852530894_o[1]

    ガムシ

    2020年9月26日

    ガムシ 体長23~38mmの非常に大きな水生昆虫です。 大きくて見栄えする昆虫なのに、知名度はあまり高くありません。     ガムシは池や湿地で見られますが、とくに植物がたくさん生えた 自然度がたかい水域で多く … 続きを読む

  • 120142248_3253079961443986_1635431813855555998_o[1]

    ヒメスズメバチ

    2020年9月26日

    野山で出会ったヒメスズメバチです。   北杜市で撮影したものではありませんが センターの周辺にも生息している身近なハチのひとつです。   名前にヒメとついていますが、それほど小さい種類ではありません。 &nbs … 続きを読む

  • 119675828_3241588785926437_8005934868986458325_n[1]

    アオズムカデ

    2020年9月26日

    スタッフ細田が大好きなアオズムカデ。 青の配色が美しいです♪ ムカデが室内に侵入する理由として、餌であるゴキブリなどの 小さな虫を求めてくることが多いようです。 侵入経路は床下の隙間や排水口、換気扇の通気口など実に様々で … 続きを読む

  • 119721395_3231747773577205_6020108876655562565_o[1]

    コチャバネセセリ

    2020年9月18日

    自然公園の草刈りをしていると、コチャバネセセリの幼虫を見つけました。     セセリチョウ科の幼虫は、食草である草の葉で巣を作る種類が多いです。   このチョウの場合は、ササやタケの葉で造巣します。 非力そうに … 続きを読む

  • 119514663_3229216377163678_2300059233222451971_o[1]

    ヨコヅナサシガメ

    2020年9月18日

    カブトもクワガタもいなくなり、静まり返ったクヌギの洞に ヨコヅナサシガメの幼虫がいました。    体長16-24mmの肉食性のカメムシの仲間で、 サシガメと名のつく虫としては、オオトビサシガメと並ぶ日本最大級の … 続きを読む

  • 119591179_3225696134182369_6376515338616372624_o[1]

    子供たちの夢

    2020年9月18日

    ”子供たちの夢” が樹液を吸ってました。 ノコギリクワガタの寿命はひと夏限りですので、そろそろシーズン終盤です。 例年、ノコギリクワガタはカブトムシに比べて控えめな数しか見られないのですが、 今年は何故か、たくさん見るこ … 続きを読む

  • 119058681_3213385982080051_8946672999621984842_o[1]

    山梨では「サコケ」の二つ名

    2020年9月12日

    イラガの幼虫です。いかにも毒をもっていそうですが、実は・・・!   やっぱり毒をもっています。 身の危険を感じると毒液を分泌し、不用意に触ると激しい痛みに襲われます。     しかしながら、栗のイガの … 続きを読む