北杜市 オオムラサキセンター 公式サイト | 国蝶オオムラサキの生息地北杜市長坂町にある展示施設

自然情報 nature_info

  • 存在感

    2022年8月26日

    樹液には実に様々な虫が集まります。 オオムラサキやカブトムシなどは存在感がありますので、 たとえ一匹でも樹液にいれば目立ちます。 しかし、写真のアシナガヤセバエの仲間などは たくさんいる虫なのに気にもされません。 サシガ … 続きを読む

  • 美種

    2022年8月20日

    長野県でみつけたキンスジコガネ。 針葉樹の葉っぱを食べるコガネムシの仲間です。 個人的には、日本のコガネムシのなかで1番美しい種類だと思います。 しかし残念ながら、発見時には命尽きておりました。 成虫のシーズンは8月くら … 続きを読む

  • 宝石

    2022年8月15日

    アオカナブンです。 アオという名前ですが、この子の色彩はそんなに単純なものではありません。 見る角度や光の当たり方で、その輝き方が変化します。 まるで宝石のようですね。 色彩には変異があり、多いのは緑色ですが、橙色っぽい … 続きを読む

  • 意外な出会い

    2022年8月15日

    先日、雨天の樹液酒場にカナブンと…サワガニがいました。 雨の日の雑木林にも、よい出会いが転がっているものです。

  • ムクゲコノハ

    2022年8月15日

    樹液に蛾の一種 ムクゲコノハがいました。 幼虫はクヌギやオニグルミなど広葉樹の葉を食べて育ち、 成虫は雑木林の樹液に飛来します。 前ばねは地味ですが、ときおり見せる後ろばねには例えがたい美しさがあります。

  • 樹液に

    2022年6月10日

    クヌギの樹液にコクワガタやスズメバチが集まりはじめました♪

  • フユシャクガ

    2022年3月10日

    ビバリウムのエノキに、シモフリトゲエダシャクと思われる フユシャクガが止まっていました。 晩冬から早春に活動する変わったガのなかまです。   メスは翅が退化していて飛ぶことができませんが、 そのぶんのエネルギー … 続きを読む

  • アオクチブトカメムシ

    2022年3月8日

    ◉な模様が特徴の、アオクチブトカメムシのたまご。 このカメムシは、しばしばオオムラサキの幼虫を襲います。 イモムシが彼らのエサになるように、彼らもまた何かのエサになり、 自然界のバランスが保たれ…。   そうし … 続きを読む

  • ツマグロオオヨコバイ

    2022年2月21日

    先日、越冬中のこんな虫を見かけました。 特徴的な斑点とバナナのようなカラーリングから、 姿だけはよく知られた虫ですが、名前はあまり浸透しておらず 「どっかで見たことある虫」もしくは「バナナムシ」なんて呼ばれたりしている、 … 続きを読む

  • 鉄砲虫

    2022年2月18日

    今日は薪割りをしていました。 今年はカミキリの幼虫をあまり見ません。 彼らは薪材に鉄砲弾の跡のような食跡をつくることから鉄砲虫と呼ばれ、 薪割りの合間に串焼きにして食べられていたそうです。   実際に食べてみる … 続きを読む