北杜市 オオムラサキセンター 公式サイト | 国蝶オオムラサキの生息地北杜市長坂町にある展示施設

色と名前

update : 2017年4月19日 /

あるクワガタを展示するためのコナラの木…
それをチラッと見て目に入ったのは「テテテテ…」と歩き去る別の虫!
 
赤く目立つ胸に黒い身体…「え、ホタル!?」
と思いよく見れば、
20170419af - チャイロホソヒラタカミキリ01
全然違いました。。
ホタル科の虫たちは毒を持ちます。
そのため、黒っぽい身体に赤い色…というホタルに似た色を持つ(擬態する)ことで
生き残ったのではないかと云われる虫たちは多くいます。
そして人は、
ホタル(とくにゲンジボタルやヘイケボタル)に似ている身体の色彩を持つ虫たちに
「ホタルガ」や「ホタルカミキリ」なんて名前をつけたりしています。
 
そんなこんなですが、
この写真の虫はなんなのだろう…と調べた結果「チャイロホソヒラタカミキリ」にたどり着きました。
20170419af - チャイロホソヒラタカミキリ03
チャイロ…「茶色」…!?何処がだ!とツッコミをしたくなりますが、、
どうやら本種には「色彩変異」がかなりあるらしく、
全身がちゃんと茶色の個体もいるようなのです。
20170419af - チャイロホソヒラタカミキリ02
いやはや、本当にややこしくて面白い生き物たちです♪

オオムラサキ通信 : 最近の記事

ツマグロヒョウモン蛹

update : 2017.11.12