北杜市 オオムラサキセンター 公式サイト | 国蝶オオムラサキの生息地北杜市長坂町にある展示施設

前脚

update : 2017年4月16日 /

ゲンゴロウの♂の前脚は一部がふくらんで吸盤状になっています。
これは、交尾の際にメスの背中にしっかりと掴まるために、
このような形状になっているのだといわれています。
 
ということで、
今日はゲンゴロウの一種、オオイチモンジシマゲンゴロウ♂の前脚を拡大撮影した画像をお送りします。
20170416tf - オオイチモンジシマゲンゴロウ♂
なるほど、キスゴムのようなものがたくさんついています。
20170416tf - キスゴム
こちらはキスゴム
水の抵抗を受けても、メスの背中にしっかりとしがみつくことができる前脚には、
こんなヒミツがあったのですね!

オオムラサキ通信 : 最近の記事

ツマグロヒョウモン蛹

update : 2017.11.12