北杜市 オオムラサキセンター 公式サイト | 国蝶オオムラサキの生息地北杜市長坂町にある展示施設

タマゴと生まれたばかりの幼虫たち

update : 2014年7月25日 /

生態観察施設「びばりうむ長坂」では、
メスのオオムラサキが産んだタマゴと、
タマゴから生まれた小さな幼虫が
多くみられるようになってきました。

 

 

オオムラサキ - タマゴ03

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオムラサキ - タマゴ01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

産んだばかりの卵は緑色ですが、
孵化が近づくとだんだん黒色に変化していきます。

 

オオムラサキ - タマゴ02

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

産まれるのは、4mm程の小さな幼虫です。

 

 

オオムラサキ - 一齢幼虫01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小さな幼虫ですが、エノキの葉の上で1頭づつ立派に過ごしています。

オオムラサキ通信 : 最近の記事

宝石

update : 2022.08.15

new