北杜市 オオムラサキセンター 公式サイト | 国蝶オオムラサキの生息地北杜市長坂町にある展示施設

  • HOME
  • >
  • オオムラサキ通信

オオムラサキ通信oomurasaki report

  • 37138227_1724450640973600_7416135049503834112_n[1]

    ◆モノサシトンボのカップル♥

    2018年7月17日 -

    先日もご紹介したモノサシトンボがメダカ池で産卵していました。 オス(水色)と連結しながら、メス(黄色)は産卵しています。 オスの重さで、メスの首は疲れないのでしょうか?(;^ω^)

  • 37122027_1722973324454665_7195484197048287232_n[1]

    ◆夏色!

    2018年7月17日 -

    薪置き場でルリボシカミキリが観察されるようになりました。 本種は、生きている間は美しい青色をしていますが、標本にすると灰色に変色してしまいます。 また日本固有種なため、この色を見られるのは世界でも日本だけ!日本人に生まれ … 続きを読む

  • DSC_0402

    オスはまだ少しいます!

    2018年7月17日 -

    美しい翅を持つオスは減ってきて、ボロボロの個体が生存している状態です( ノД`)… 綺麗な翅のオスに出会えたらラッキー!! メスはまだ観察することが出来ます♪

  • 36969094_1719996854752312_8003029965291388928_n[1]

    モノサシトンボ

    2018年7月12日 -

    曇り空の下、凛としたモノサシトンボの姿が幻想的でした。

  • 36909125_1717167481701916_3673622284322471936_n[1]

    アリヅカコオロギの仲間

    2018年7月12日 -

    石の下のアリの巣を覗くと、アリヅカコオロギの仲間がいました! この小さく丸い身体のコオロギは、アリの巣に居候して暮らしています。

  • DSC_0348

    オスが減って来ています…

    2018年7月11日 -

    ピークの時と比べるとオスがだいぶ減ってきました。 現在はパッと見だとメスが目立っている状態です。   観察はお早めにお願いいたしますm(__)m

  • 36618660_1709039365848061_3003616555901648896_o

    命のリレー

    2018年7月5日 -

    生態観察施設びばりうむ長坂では、オオムラサキの交尾や産卵を確認しています。 例年よりも1・2週間ほど早い状況です。 びばりうむでは、現在もたくさんのチョウが舞う様子や、吸蜜する様子が観察できます。 お見逃しなく!

  • 36382796_1705364109548920_2857140291159195648_n[1]

    マジックテープ!

    2018年7月5日 -

    生態観察施設びばりうむでは、オオムラサキの発生が最盛期。 発生がメスよりも早いオスの見頃は、今週末まででしょうか。   さて、まだまだぶら下がっている蛹たち。 付け根の部分がどのように葉にくっ付いているのか、不思議ですよ … 続きを読む

  • DSC_0384

    メスもたくさん飛んでいます!

    2018年7月5日 -

    オスとメスが出会う時季になってきました。 メスも多く観察出来ます。 綺麗なオスを見られるのは、来週位まででしょうか。 ※雨天時はオオムラサキは翅を閉じて、葉の裏に静止しています。 飛び回る姿を観察するには、晴天の日が望ま … 続きを読む

  • 36314154_1700756260009705_294798240140754944_n[1]

    美しきチョウトンボ

    2018年6月29日 -

    スタッフが自宅で飼育していたチョウトンボのヤゴが羽化しました。 翅の金属光沢がとても美しいです!