北杜市 オオムラサキセンター 公式サイト | 国蝶オオムラサキの生息地北杜市長坂町にある展示施設

  • HOME
  • >
  • オオムラサキ通信

オオムラサキ通信oomurasaki report

  • 115889555_3061329597285691_1914001566126058155_o[2]

    バトンタッチ

    2020年7月26日 -

    びばりうむの草むらの中で、静かに繋がるオスとメス。 オオムラサキは、次の世代へのバトンタッチへ入っています(*´ー`*)

  • 115823008_3054973257921325_6662007936638707323_o[1]

    圧巻!

    2020年7月21日 -

    びばりうむ長坂内ではようやくクヌギから樹液が出てきました。 野外ではなかなか見れない、円になって群れているオオムラサキたちを観察することが出来ます!

  • 107051231_3043976645687653_354714997224436565_o[1]

    新成虫の展示開始

    2020年7月21日 -

    オウサマゲンゴロウモドキ新成虫の展示を始めました。 新成虫は身体が柔らかく、共喰いされる危険性があるため、 羽化してから1カ月の間は控室で個別に飼育していたのでした。   旧成虫(親)は新成虫に比べると色がくすんでいて、 … 続きを読む

  • 107841655_3041904905894827_9218612688445073273_o[1]

    有視界調査

    2020年7月21日 -

    先日、北杜市立甲陵中学校によるオオムラサキ有視界調査がありました。     この調査は釜無川流域沿いにあるオオムラサキ自然観察歩道(約10キロメートル)を 200Mごとに区切り、区間ごとに調査員(中学生)を配置 … 続きを読む

  • 107950599_3037199059698745_2769151064435870248_o[1]

    ムラサキシャチホコ

    2020年7月16日 -

    オオムラサキ有視界調査の下見のために、 日野春から長坂駅に至る10キロ近い道を歩いてきました。   このくらいの距離、昔はへっちゃらだったのですが、 20代も終わりに差し掛かる年齢になってきて、衰えを感じるよう … 続きを読む

  • 109107164_3037153973036587_27260141267133079_n[1]

    有視界調査の事前学習

    2020年7月16日 -

    先日、当館に北杜市立甲陵中学校の1年生をお招きして オオムラサキ有視界調査の事前学習を行いました。   実は先月末に学校にお邪魔させていただいて授業をしたのですが、 今回は2日目の事前学習でした。16日はいよい … 続きを読む

  • RIMG2533

    ニホンヒキガエル

    2020年7月16日 -

    こちらは展示中のニホンヒキガエル。 「ガマガエル」や「イボガエル」の愛称で親しまれています。 …イケメン過ぎませんか?(^∧^)

  • 107924348_3030890553662929_5038639022269809574_o[1]

    ダルマガエル(トウキョウダルマガエル)

    2020年7月13日 -

    日本にはトノサマガエルとダルマガエルという種類がいて、 このうちダルマガエルにはトウキョウダルマガエルとナゴヤダルマガエルという亜種がいます。   どれも姿がよく似ているうえ、お殿様が圧倒的な知名度を得ているが … 続きを読む

  • 107509554_3025616717523646_5000801033331171656_o[1]

    雨天ばかりですが

    2020年7月13日 -

    雨天が続きますね☂ 生態観察施設では、オオムラサキも翅を閉じて休んでいることが多いです。 それでもまだ、綺麗な翅を持つオスは見られますのでぜひご覧になって下さい!

  • 106794631_3021962207889097_4317674199560510401_n[1]

    タガメ

    2020年7月13日 -

    池や水田に生息する水生昆虫の多くは繁殖期を迎えています。 写真は日本最大の水生昆虫であるタガメです。 写真1枚目が幼虫ですが、この時点で既に5センチを超える巨大さです。   タガメは山梨では絶滅寸前で、私も見た … 続きを読む