北杜市 オオムラサキセンター 公式サイト | 国蝶オオムラサキの生息地北杜市長坂町にある展示施設

  • HOME
  • >
  • オオムラサキ通信

オオムラサキ通信oomurasaki report

  • 地衣類観察会3

    地衣類観察会を開催!

    2018年3月27日 -

    昨日3月25日に、「街なかの地衣類ハンドブック」の著者である大村嘉人先生(国立科学博物館)をお招きして地衣類観察会を開催しました。定員は30名でしたが、50名ほどのご応募があり、皆様の地衣類(そして大村先生!)への関心の … 続きを読む

  • クヌギカメムシ卵2

    クヌギカメムシのその後…

    2018年3月27日 -

    何度かご紹介をしていたクヌギカメムシの卵。 先週末頃から、幼体が生まれ、姿が見られ始めていました! なかにはカメムシの形だとわかるくらい大きくなった幼体もいました♪   そして先日、特に大きな幼体が確かいたはず … 続きを読む

  • エグリトビケラ幼虫

    ◆落ち葉の “穴あけパンチ” の犯人は!?

    2018年3月23日 -

    池の水底を見ていると、丸く穴の開いた落ち葉がたくさんあることに気が付きました。 まるで、落ち葉を “穴あけパンチ” で開けたような綺麗な形です。 この様な穴はハキリバチというハチの仲間が開けますが … 続きを読む

  • オニヤンマヤゴ1

    オニヤンマ

    2018年3月23日 -

    日本最大級のトンボとして知られるオニヤンマの幼虫です。 特技は隠れ身の術! 写真のように、砂利に潜って身を隠す習性があります。 こうして外敵から身を隠すと同時に、エサになる獲物を待ち伏せているのですね。 こうした習性があ … 続きを読む

  • ダンコウバイ

    ◆ダンコウバイが満開

    2018年3月23日 -

    オオムラサキ自然公園のダンコウバイが満開です。 鮮やかな黄色が青空によく映えますね! 春に向けて花々もどんどん咲きます。

  • エグリトビケラ幼虫

    ◆エグリトビケラ

    2018年3月20日 -

    水底に動く落ち葉がありました。 エグリトビケラの幼虫です! 落ち葉を糸で紡ぎ合わせて巣を作ります。 巣の大きさは約6cm。大きいですね! しばらく観察していると、シマシマ模様の頭を出してくれますよ。

  • ムーちゃん擬態

    ◆正しいムーちゃん写真の撮り方

    2018年3月17日 -

    週末からの「○○になりきり!擬態する昆虫展」の準備が整いました! さて、企画展ではお客様がムーちゃん(オオムラサキの幼虫)に コスプレしてエノキの葉に擬態するコーナーがあります。 擬態するコツは背中越しに振り返るポーズを … 続きを読む

  • 展示準備

    ◆企画展準備!

    2018年3月14日 -

    今週末3月17日からの企画展「○○になりきり! 擬態する昆虫展」の準備を行っています。 様々な種類の擬態を、標本や生きた昆虫をとおして体感することが出来ます。 ムーちゃんに変身して、エノキの葉に擬態するコーナーもあります … 続きを読む

  • 20180311 - 福島県植林 (3)

    未来の

    2018年3月11日 -

    本日は、公益財団法人イオン環境財団主催「全国植樹祭支援の森植樹」に、 NPO法人自然とオオムラサキに親しむ会の会員9名が参加しました。   場所は、福島県 南相馬市。 クロマツの苗を、全国から集まったボランティ … 続きを読む

  • 自然公園2018310

    本日の自然公園

    2018年3月10日 -

    本日は青い空が広がりましたが、染み入るように冷たい風が吹きつけてきます。 うっすらと雪が降り積もった跡も溶けずに残っている所もあります …と、何か所か見ていると、雪が残る場所が日陰と同じ形に残っていることがわかります。 … 続きを読む